DREAM

 

DREAM

 

 

昨今、ゲーム、スマホ、パソコン、YOUTUBE等テクノロジーの進歩により、子供たちの周りにもものが増えてきました。もちろんそれら全てが悪いわけではありません。付き合い方さえ間違わなければ、とても有用で便利な物であると言えます。

 

情報もたくさん、しかも簡単に手に入れられます。だから画面を通して、様々なことを「やった気」「知った気」になることができます。しかし、ゲームやスマホや動画は全て楽しいことが「先回り」して「用意されたもの」です。

 

「実際には何もやっていない、ただ手元を動かしている」ものです。それは「自分から」楽しいことを生み出すものではありません。残念ながら子供たちの未来において楽しいことは全て用意されているわけではないと思います。

 

つまらない、退屈な場面でも、「つまらない、退屈、嫌」といって投げ出すのではなく、そこから自分なりに楽しさを見つけようとしたり、工夫したりすることが大切ではないでしょうか。

 

しかも、それは一人ではなく仲間と共に「話し合い」、「反応し」、「楽しむ」中で「実行」していき、だからこそ上手くいけば、お腹の底から「喜び」、失敗すれば「悔しい」と「感動」するのではないでしょうか。

 

そうした体験が、子供たちを「人間的に」大きく成長させていく。そう思ってDREAMの講座を作っています。

 

そもそものDREAMの始まりは「小学生に相対性理論を教えたらどうなるかな?」というところからでした。難しいことも、こども達のためにどれだけ噛み砕いて伝えてあげられるか、僕たち大人がこどものことを考えて、一生懸命「工夫」すれば、難しいことだって、しっかり伝わるはず。

 

「伝え方・見せ方を次第で何でも教えられるぞ!!」そういった気づきとチャレンジ精神からDREAMは生まれました。

 

また、いちゼミは中学部・高校部があるので、受験クラスの講座について先生達で生徒について話し合うことが多いのですが、そこで話題になるのはいつも「これだけは最低限知っておいてくれーー」という社会や理科を勉強するとき最低限知っておいて欲しいこと、言葉が知識として入っていない子をどうしたら良いのかということでした。

 

 

 

「どうして、そのまま中3まできてしまったのだろう。」

 

 

 

何か策はなかったのかと、ああでもない、こうでもないとよく話し合っていました。

我々は。次のような仮説をたてました。

 

 

小学生のときに、いわゆる「勉強」を強制されてきて、「勉強」が嫌になり、きっと興味のトビラが「閉じて」しまったのだろうと。

 

 

もちろん、いちゼミに来てくれたからにはいちゼミ中学部として何とか頑張って興味のトビラをこじ開けますが、いちゼミ小学部にいる小学生たちには、「閉じ」たまま過ごして欲しくない。

 

いろんなことに興味を持てるようにトビラは「開いていて欲しい!」そのキッカケをたくさん与えてあげたい!!いわゆる算数や国語だけでなく、こどもの興味のトビラが開放されるような授業をたくさんしてあげたい!

 

 

たとえ、ふざけているように見える、お遊びみたいな講座でも、

そこには一つ一つ「DREAM」のテーマに沿った考えがたくさん含まれています。

 

 

こども達のことを考えながら、一つ一つ一生懸命考えたいちゼミDREAM。

是非、体験してみませんか?

 

いちゼミ小学生の部               

 

★2019年春期講習期間中 三鷹台教室DREAM★


★2019年春期講習期間中 三鷹台教室DREAM★

お知らせ
2019年 11月 28日

  小学生のみなさんを対象とした いちゼミだけのオリジナル授業「DREAM」 2019年のラインナップを 1つずつご紹介させていただいます。 ★2019年春期講習期間中 三鷹台教室DREAM★

>>詳細はこちら


2019年 7月 17日

          小学生のみなさんを対象とした いちゼミだけのオリジナル授業「DREAM」 2019年のラインナップを 1つずつご紹介させていただいます。   &nbs […]

>>詳細はこちら


2018年 12月 30日

         

>>詳細はこちら


2018年 12月 27日

   

>>詳細はこちら


2018年 12月 26日

12/26(水)三鷹台教室での授業 実験動画です。

>>詳細はこちら